RAYBRIGTEAM KUNIMITSU

RACE 2017 SEASON

  • Preview
  • Result / Report
  • Race Photo
  • Special
ROUND1 OKAYAMA GT 300KM RACE

第1戦 岡山国際サーキット

公式予選 4月8日(決勝レース 4月9日(
QUALIFYINGRACE
マシントラブルに見舞われ、戦いを終える



 4月8、9日、岡山県・岡山国際サーキットにおいて「OKAYAMA GT300km RACE」が開催され、2017年SUEPR GTシリーズの幕開けを告げた。レースウィークの岡山はあいにくの薄曇りが続き、不安定な天候が先行。また、レース自体もすっきりしない展開となり、No.100 RAYBRIG NSX-GTを送り出したチームクニミツも突如想定外のハプニングに見舞われ、残念ながら結果を残せぬまま初陣を終えている。

 決勝日も前日同様の薄曇りの朝を迎えたが、夜遅くに降った雨の影響か、吹き付ける風が強く冷たいものとなる。だが、時折穏やかな陽射しに恵まれ、ファンにとってはレース観戦日和になったと思われる。

  今年から朝のフリー走行が廃止され、変わりにスタート前に20分間のウォームアップ走行が行われることになったSUPER GT。
チームスタッフは前日のミーティングを受けて作業に勤しむ一方、ドライバーたちは様々なイベントに参加するなど、何かと忙しい時間を過ごす一方、No.100 RAYBRIG NSX-GTは、ウォームアップ走行でNSX-GT勢トップの6番手タイムをマーク。決勝に向けていい流れを作った。

開幕戦ならではの華やかなオープニングセレモニーが終わり、300kmに渡る戦いが刻一刻と近づく。恒例の白バイ先導によるパレードランが始まる中、予選5位のNo.17 NSX-GTがグリッド上で立ち往生。なんとか始動するも、フォーメーションラップ中に再びストップ。ここで隊列を整え直すため、さらに1周フォーメーションが追加される。だが、今度はポールポジションのNo.8 NSX-GTが同じような症状でスロー走行の末に停止。これで赤旗が提示された。出走車両がゆっくりとメインストレート上に戻って整列し直す中、さらにNo.64 NSX-GTが停止。戦いを前にして、NSX-GT勢に急きょ暗雲が立ち込める事態となった。



多くの波乱を見せたレースは、午後2時50分に1周減算の81周でセーフティカーランの先導によるスタートが切られる。8番手から追い上げを見せるNo.100 RAYBRIG NSX-GTは、山本選手がドライブ。ところが6周目に異変が起こる。バックストレートを走行中だった車両がスロー走行となり、そのままゆっくりと停止する姿が映像に映し出されてしまう。折しも、別の場所でGT300車両がクラッシュ。これを受け、セーフティカーが導入されることになった。

その後、ピットに戻ってきたNo.100 RAYBRIG NSX-GT。トラブルの原因解明に時間がかかるため、コース復帰に向けての作業うことはなく、リタイヤという苦渋の選択を下してた。 なお、ホンダは今回のトラブルに対し、電装部品の問題多発と発表。これまでノントラブルのパーツにつき、今回は想定外のトラブルだったとしており、今後は原因究明を行い、第2戦富士に向けて万全の対策を施すとしている。

第2戦富士に向け、与えられた時間はわずか。チームでは、少しでも早く気持ちを切り替え、次なる戦いに挑む。



◎高橋国光総監督
ため息が出るような状況となってしまいました。こういった恥ずかしいトラブルがウチのチームだけでなく、全てのホンダ系チームに出ることとなったのですから、正直びっくりしています。
まだ原因がはっきりせず、これから究明することになるわけですが、レース早々に、多くのホンダ車がリタイヤするのは、これまで見たこともないです。
今日のようなレースをしないよう、ホンダにはしっかり挽回してくれるよう、対策してもらいたいです。


◎山本尚貴選手
クルマの調子が良かっただけに、クルマのトラブルは残念です。
レースができなかったので、なんともコメントしづらいんですが、ホンダには対策をしてもらい、次のレースでは上位を走れるようにがんばりたいと思います。 



◎伊沢拓也選手
開幕戦を迎え、予選から決勝への流れを見て、最終的に僕らが決勝用として選んだタイヤそしてクルマのセットは、フィーリングを含め、レースで追い上げられるという気持ちがありました。それだけにトラブルが出てしまい、ほとんど走らないままレースを終えることになったので残念です。
一方で、これは僕らがシーズンオフにやってきたひとつの結果だということを、しっかりと認識する必要もあるかと思います。
次の富士はまずレースを完走するところから始めるしかないのですが、諦めることなくまた次に向かって準備をしていきたいです。


決勝レース結果

Po No Machine Driver Time/Diff. Laps Best Lap Tire WH
1 37 LEXUS TEAM KeePer TOM'S 平川 亮 ニック・キャシディ 2:12'39.626 81 1'20.291 BS  
2 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S 大嶋 和也 アンドレア・カルダレッリ 1.503 81 1'19.784 BS  
3 1 LEXUS TEAM SARD ヘイキ・コバライネン 平手 晃平 2.761 81 1'20.608 BS  
4 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 立川 祐路 石浦 宏明 2.939 81 1'20.222 BS  
5 36 LEXUS TEAM au TOM'S 中嶋 一貴 ジェームス・ロシター 7.607 81 1'20.455 BS  
6 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 関口 雄飛 国本 雄資 9.219 81 1'20.601 YH  
7 23 NISMO 松田 次生 ロニー・クインタレッリ 20.096 81 1'21.066 MI  
8 12 TEAM IMPUL 安田 裕信 ヤン・マーデンボロー 32.360 81 1'20.939 BS  
9 16 TEAM MUGEN 武藤 英紀 中嶋 大祐 40.195 81 1'21.011 YH  
10 24 KONDO RACING 佐々木 大樹 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 51.691 81 1'21.294 YH  
11 17 KEIHIN REAL RACING 塚越 広大 小暮 卓史 8Laps 73 1'20.868 BS  
12 64 NAKAJIMA RACING ベルトラン・バゲット 松浦 孝亮 24Laps 57 1'21.550 DL  
13 46 MOLA 本山 哲 千代 勝正 48Laps 33 1'21.528 MI  
14 100 TEAM KUNIMITSU 山本 尚貴 伊沢 拓也 76Laps 5 1'21.260 BS  
15 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 野尻 智紀 小林 崇志 DNS     BS  

天候:曇 | コース:ドライ
PAGE TOP
RAYBRIG ドローン新発売!!
RAYBRIG RaceQueen
メール会員限定コンテンツ