RAYBRIGTEAM KUNIMITSU

RACE 2017 SEASON

  • Preview
  • Result / Report
  • Race Photo
  • Special
ROUND1 OKAYAMA GT 300KM RACE

第1戦 岡山国際サーキット

公式予選 4月8日(決勝レース 4月9日(
QUALIFYINGRACE
RAYBRIG NSX-GT、シーズン初戦は10位発進!



 今年、GT500クラス全車が新車となったSUPER GT。チームクニミツでは、シーズンオフに精力的な国内外サーキットでの実走テストをはじめ、さまざまな作業に取り組み、シーズンに向けての準備に取り組んできた。なお、車両には新たな規定が採用され、ダウンフォースが前年比25%減に。これでコーナリングスピードは低減されたが、一方でストレートスピードが伸び、トータルでのラップタイムはさらに速さを増したと言われている。最新の戦闘車両をいかに操るか、また、それに合わせたクルマのセットやタイヤをどう合わせ込むのか、2017年のSUPER GTは、ますます激しい戦いになるものと思われる。

開幕戦の舞台、岡山はコンパクトながらテクニカルなサーキットとして知られる。3月中旬には公式テストが行われており、データを活かしてさらに躍進を果たしたいところ。山本尚貴、伊沢拓也両選手によるコンビも復活3年目となり、信頼性がさらに強化。一新したチーム体制の中で、ふたりの存在が大きなキーを握ることは言うまでもない。

シーズン最初のセッションは、土曜日の公式練習から。まず、山本選手が新たなカラーリングをまとったNo.100 RAYBRIG NSX-GTに乗り込みコースへ。だが、走行中にトラブルが発生。アウトラップを終えた車両はそのままガレージに収まり、すぐ修復作業が始まった。これにより、実走時間の確保が難しくなったため、セッション中は引き続き山本選手がドライブ。セットアップの方向性やタイヤの確認作業を行った。1分19秒412のベストタイムをマークしたNo.100 RAYBRIG NSX-GTは、8番手でセッションを終了。なお、伊沢選手はその後のサーキットサファリの時間帯にコース走行し、クルマのフィーリングを確認している。



公式練習中の気温と路面温度の最高値は、それぞれ20度と26度。だが、濡れた路面からのスタートが切られ、セッションはじめにはウェット宣言が出ていた。
その後、路面はダンプ(湿った状態)を経てドライへと変化したが、午後3時には再びウェット宣言が出され、午後3時15分に始まったGT500のノックアウト予選・Q1は、アタックのタイミングを気にしながらのセッションとなる。

スタート時の気温は19度、路面温度は21度、だが陽射しもなく、今にも泣き出しそうな灰色の雲が辺り一面に広がっている。開始から7分後には、GT500車両の全15台がコースイン。No.100 RAYBRIG NSX-GTに乗り込んだ山本選手は、タイヤを温めアタックを開始。

着実にタイムアップし、計測5周目に自己ベストタイム1分19秒089をマークした。だが、Q2進出可能な8番手にわずか0.114秒及ばず。結果、決勝を10番手から迎えることになった。 この日、メインでドライブした山本選手によると、今朝は走り始めの時点から調子がいまひとつ上がらず、予選ではガラリとセットを変えたという。


「やったことに対して悪くはなかったのですが、少し詰めきれなかった部分もありました。その一方でタイム差はQ2進出組と僅かなものだったので、結果論とはいえ、もう少しなんとかしたかった」と悔しさをにじませた。

また、サーキットサファリの時間帯でクルマの確認を行った伊沢選手は、「走ってみて、思ったほどウェイト差(ミッドシップエンジン搭載のNSX-GTは、他車との調整で最低車重が+29kg)はないことがわかりました。 予選順位も、決勝を見据えて選んだタイヤだったからと受け止めています。決勝ではうまく追い上げることも可能ではないかと思います。色んな準備をしてきているので、順位に悲観はしていないです」と頼もしいコメント。

決勝に向け、両選手による粘りある走りに期待がかかった。





公式予選結果

Po No Machine Driver Q1 Q2 Tire WH
1 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 野尻 智紀 小林 崇志 1'18.521 1'20.604 BS  
2 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S 大嶋 和也 アンドレア・カルダレッリ 1'18.558 1'20.960 BS  
3 37 LEXUS TEAM KeePer TOM'S 平川 亮 ニック・キャシディ 1'18.584 1'24.749 BS  
4 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 立川 祐路 石浦 宏明 1'18.591 1'25.098 BS  
5 17 KEIHIN REAL RACING 塚越 広大 小暮 卓史 1'18.620 1'26.930 BS  
6 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 関口 雄飛 国本 雄資 1'18.648 1'28.347 YH  
7 16 TEAM MUGEN 武藤 英紀 中嶋 大祐 1'18.846 タイム抹消 YH  
8 36 LEXUS TEAM au TOM'S 中嶋 一貴 ジェームス・ロシター 1'18.975 タイム抹消 BS  
9 1 LEXUS TEAM SARD ヘイキ・コバライネン 平手 晃平 1'19.072   BS  
10 100 TEAM KUNIMITSU 山本 尚貴 伊沢 拓也 1'19.089   BS  
11 24 KONDO RACING 佐々木 大樹 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 1'19.234   YH  
12 64 NAKAJIMA RACING ベルトラン・バゲット 松浦 孝亮 1'19.269   DL  
13 12 TEAM IMPUL 安田 裕信 ヤン・マーデンボロー 1'19.315   BS  
14 23 NISMO 松田 次生 ロニー・クインタレッリ 1'19.386   MI  
15 46 MOLA 本山 哲 千代 勝正 1'19.616   MI  

天候:曇/ドライ(天候/コース)
PAGE TOP
RAYBRIG ドローン新発売!!
RAYBRIG RaceQueen
メール会員限定コンテンツ