RAYBRIGTEAM KUNIMITSU

  • TOP
  • RACE 2019 SEASON
  • ROUND 8

RACE 2019 SEASON

  • OKAYAMA
  • FUJI
  • SUZUKA
  • THAILAND
  • FUJI
  • AUTOPOLIS
  • SUGO
  • MOTEGI
  • Report
  • Race Photo
ROUND8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL

第8戦 MOTEGI

公式予選 11月2日( 決勝レース 11月3日(
RACE
DATE
CIRCUIT
WEATHER
RESULT
2019 AUTOBACS SUPER GT Round 8『MOTEGI GT 250KM RACE』
予選:2019年11月2日 決勝:2019年11月3日
ツインリンクもてぎ (栃木県) 
予選:晴れ/ドライ 決勝:晴れ/ドライ
予選:11位 決勝:6位

11月2、3日、栃木・ツインリンクもてぎにおいて2019年SUPER GTシリーズ第8戦「MOTEGI GT 250KM RACE」が行われ、予選11番手から53周の戦いに挑んだチームクニミツのNo.1 RAYBRIG NSX-GTは、抜きどころの少ないもてぎのコースで奮闘。チームの総合力を引き出したパフォーマンスで6位入賞を果たし、全8戦のシリーズを戦い終えている。



今シーズン最後の戦いを迎えたツインリンクもてぎ。予選日の朝から青空に恵まれたサーキットは、小春日和の中でセッションを開始した。まず午前8時50分から公式練習がスタート。気温14度、路面温度20度とこの季節としては穏やかな天候での幕開けとなり、No.1 RAYBRIG NSX-GTはまず山本尚貴選手がステアリングを握り、コースへと向かった。セッティングの確認を行いつつ、微調整等に取り組みつつ、開始45分の時点で山本選手がチームベストタイムとなる1分37秒405をマーク。その直後にピットへと戻り、ジェンソン・バトン選手へと交代した。

バトン選手はコンスタントにピットインし、セッティングを確認。GT300との混走に続き、GT500クラス専有走行枠でも出走を続け、1分37秒609のチームセカンドタイムをマーク。8番手につけて、午後からのノックアウト予選に向けて弾みをつける形でセッションを終えた。

RACE

予選日同様、決勝日のもてぎも穏やかな小春日和の一日となった。53周の戦いを前に、栃木県警によるパレードラップが行われ、その後、フォーメーションラップを経て決戦がスタート。No.1 RAYBRIG NSX-GTにはバトン選手が乗り込み、オープニングラップを9番手で終えると、抜きどころの少ないコースを果敢に攻め、6周目には64号車のNSX-GTをパスし、8番手にポジションアップする。

その後も安定したペースで周回を重ねていくバトン選手。前を走るのもまた同じNSX-GTの8号車であったが、周回遅れとなるGT300クラス車両をかわしつつ8号車とのバトルを繰り返し、見せどころを作る。だが、19周を過ぎた辺りからルーティンのピットインを行うチームが続出。8号車もピットインしたことからバトルは一旦終了。そしてNo.1 RAYBRIG NSX-GTも21周を終えてピットインを実施、バトン選手から山本選手へとバトンが引き継がれた。

コースインした山本選手は、安定したペースで周回を続け、自身5周目、25周目には1分39秒070の好タイムをマーク。このタイムはチームベストにとどまらず、レース中のファステストラップとなった。更にその翌周には目前に迫った23号車のGT-Rを逆転。7番手へ浮上する。その後しばらくポジションキープが続いていたが、40周目には6番手へ。そのままフィニッシュを迎えている。

シーズン最後の戦いを6位入賞で終えたNo.1 RAYBRIG NSX-GT。
全8戦で表彰台が2回、合計37ポイントでシリーズランキングは8位となった。
ディフェンディングチャンピオンとしては決して納得のいく結果とは言い難いシーズンとなったが、厳しい戦いの中でのつねに上昇気流に乗ろうと努力を重ね、前進を続けてきた。その中で見出した改善と進化を元に、来シーズンは心機一転、新たなスタートを切ることとなる。

◎高橋国光総監督 ジェンソンには2年間本当によく頑張ってもらって感謝しかないです。山本選手もたくさん勉強になった気がします。だからこそ最終戦はいい結果を出したかったですね。たくさんの関係者やファンの方が応援してくださって、それも後押しになりました。ありがとうございます。できれば表彰台で締めくくりたかったですが、これもレース。ドライバー、チームの皆もよくやってくれたと思います。
これからもチームクニミツの応援よろしくお願い致します。
1年間本当にありがとうございました。
◎山本尚貴選手 今回はタイヤのピックアップも早い段階から出ていました。一方、レースではファステストラップを獲ることができましたし、クルマのコンディションも非常に良かったです。そこはチームの努力だったと思います。それを最後まで維持できなかったのがちょっと残念なのですが、クルマがとても良かったということがわかっただけでも非常に大きな収穫でした。

悔しい気持ちしか今はないのですが、シーズンを振り返ると、これまでの2年間、JB(ジェンソン・バトン)と一緒にレースをさせてもらい、とてもたくさんいいことを学ばせてもらいました。この経験をこれからの自分のレース人生に活かせていけたらと思います。これからも頑張ります。
◎ジェンソン・バトン選手 今日のレースはしっかりと楽しませてもらいました。レースは11番手からのスタートでしたがそこから1台、また1台と抜いてオープニングラップで9番手まで上がりました。さらにはその勢いで8番手まで上がり、8号車のNSX-GTの後ろについて走りました。大渋滞の中、 バトルを繰り広げることもできたのはすごく良かったと思います。しっかりといい走りができました。その中でナオキ(山本尚貴)と交代するまでの20周をめいっぱい走りました。その後、彼も懸命の追い上げを見せ、 僕らは6番手でレースを終えることができました。 素晴らしいレースを披露することができたと思います。

SUPER GTは僕にとって大きな挑戦でした。GT500には日本の3メーカーが参戦し、日本中のサーキットを転戦し、そこに有能なドライバーが集結するという素晴らしいカテゴリーだと思います。僕が去ったあと、このシートに収まりたいドライバーがきっと列をなしていることでしょうね。この2年間、日本のレースファンの皆さんには本当にたくさんの応援をしてもらいました。F1でもそうでしたが、このSUPER GTに参戦することになっても変わらずに応援してくれたのは本当にうれしいことです。この先、レーシングドライバーとしての新たな挑戦を目指して行きたいのでSUPER GTから離れることにはなりましたが、改めて日本のファンには心から感謝の気持ちでいっぱいです。
◎小島一浩監督 このレースウィークは、ジェンソン(バトン選手)のSUPER GT最後のレースという意味もあり、周りからの注目を集めることになりました。だからこそ、チームとしても最終戦をいい成績で終わらせたいという気持ちで決勝に挑みました。結果としては、今我々に与えられたパッケージを余すところなく使い、ドライバー、スタッフの全員がなにひとつミスすることなく、最大限の力を引き出せたと思います。

ただ、予選、決勝ともクルマに必要なスピードが足りなかったというのが今の反省点です。
やはりノックアウト予選Q1を通過できなかったのが厳しかったと感じています。どうしてももてぎのコースを考えると、抜きどころが少ないサーキットであるためです。しかし、そういう状況の中でもドライバーたちは頑張ってジャンプアップしてくれたと思います。

来シーズンからは、新車での戦いになります。いろいろなものが新しい状況でのスタートになるため、それに併せてチームも気持ちを新たに組織を一から作りからはじめ、「チームクニミツ」にふさわしい体制と共に、来年度の開幕戦から皆様に整った パフォーマンスをお見せできるよう準備を進めていきたいと思います。

今シーズンのシリーズ戦は終了となりましたが、引き続きチームクニミツへの応援をよろしくお願い致します。
qualifying

午後に入り、気温19度、路面温度25度とともに上昇。午後2時20分にGT500クラスのノックアウト予選Q1がスタートする。No.1 RAYBRIG NSX-GTのステアリングを先に握ったのは、バトン選手。15分間のセッションながら、開始と同時にコースインするクルマはなく、バトン選手も残り時間8分ほどでコースに向かい、アタックを開始する。計測3周目にチームベストとなる1分37秒406をマークしたが、11番手どまりに。結果、Q2進出は果たせず、この時点でNo.1 RAYBRIG NSX-GTにとって予選を終えることとなり、また、今シーズンをもって2年間のSUPER GTへの参戦を終えることを表明していたバトン選手にとっても最後の予選アタックとなった。

予選日の走行を終えた両選手。「アタックでのタイヤの温めが少し難しかったですね。去年のここでのQ1ではトップタイムだったんですが、今回は11番手だったので少し驚きました。とはいえ、また決勝は別の展開になるでしょうし、とても楽しみにしています」とバトン選手。

一方、山本選手は「朝一番でのクルマのフィーリングは悪くありませんでした。
ただ、もともともてぎでの予選通過は熾烈だし、ちょっとしたことで順位が大きく変わる傾向にあります。正直、今回はQ1を突破するほどの力はなかったのかなとも思います。JBにとって最後の予選アタックだったので、Q1を通過できれば良かったのですが…。突破できると思っていただけに残念ですし、悔しいですね。シーズンを通して、予選での一発の速さで苦労していたのが最後まで解決できませんでした。
明日はしっかりと気持ちを切り替え、決勝で強い戦いができれば、と思っています」と躍進を誓った。

シーズン最後の戦い、力戦奮闘で挑む!


日ごと秋めく中、いよいよSUPER GTにおいて今シーズンの最終戦が幕を開ける。その舞台となるのは、ホンダのホームサーキットでもある栃木・ツインリンクもてぎ。チームクニミツの山本尚貴&ジェンソン・バトン両選手は、No.1 RAYBRIG NSX-GTでのシーズンラストの戦いですべてを出し切るべく、善戦を目指す。

今大会を前に、シリーズランキングは暫定8位、ホンダ勢では2番手につけるNo.1 RAYBRIG NSX-GT。シーズン後半戦では、惜しくも思うような結果を残すには至らず、残念ながらシリーズタイトル争いからは遅れを取ってしまうことになった。しかし、今大会の成績次第で、シリーズランキングの浮上、またホンダ勢のトップ獲得は充分狙えるだけに、新たな目標にフォーカスして戦いへと挑む所存だ。

とりわけオートポリス、SUGOの両レースでは存分なパフォーマンスを披露出来ずに終わったこともあり、もてぎでは納得のいく形で決戦を迎えたいもの。一方、最終戦を迎えるマシンにはこれまで搭載されてきたハンディウェイトもなく、開幕戦同様のコンディションでライバルと一戦を交わすことになる。それだけに、まず予選からしっかりとアプローチしなければならない。ここはチーム一丸となって底力を発揮することが求められる。

チームらしい粘りある走りと着実なレース運びという強さはもちろん、ノーウェイトの速さをも引き出した戦いに期待が集まる中、最終戦での有終の美を飾るべく、優勝を目標に奮闘を誓う。


PAGE TOP
RAYBRIG ドローン新発売!!
RAYBRIG RaceQueen
メール会員限定コンテンツ