RAYBRIGTEAM KUNIMITSU

RACE 2017 SEASON

  • Preview
  • Result / Report
  • Race Photo
  • Special
ROUND5 FUJI GT 300KM RACE

第5戦 FUJI

公式予選 8月5日(決勝レース 8月6日(
QUALIFYINGRACE
厳しい状況からの好走が実り、8位入賞



 8月5、6日、静岡・富士スピードウェイにおいてSUPER GT第5戦「FUJI GT 300km RACE」が行われ、No.100 RAYBRIG NSX-GTは、クラス最後尾から粘りの走りで8位チェッカーを達成。厳しい状況の中で、充実のパフォーマンスを披露することとなった。

レースウィーク一番の暑さとなった日曜日。夏休み真っ只中の一戦は、雨こそ降らなかったが、急に濃灰色の雲が上空に広がるなど、不安定な天候となった。

前日の予選の結果を受け、チームクニミツでは様々な改善策を模索。その結果、大幅なセットアップ変更に着手して決勝に挑むという決断を下した。その確認を行ったのが、決勝直前のウォームアップラン。ここで手応えを得たという山本、伊沢両選手は、決勝でもそれぞれの担当で申し分のない働きを披露することになる。

left right


まず、スタートを担当したのは伊沢選手。クリアスタートを切り、前方車両へと接近。2周目に逆転を果たすと以後、ひたすらチャンスを伺いつつ、攻めの走りに徹した。20周を過ぎると、ルーティンのピットインを行うチームが現れ始める。が、No.100 RAYBRIG NSX-GTはタイヤのコンディションの安定しており、まだ周回を重ねることができると判断。

ライバル勢との兼ね合いを見て、33周終了時にピットへと帰還した。山本選手へと交代したNo.100 RAYBRIG NSX-GTは、12番手でコースに復帰。早速、目の前を一台を皮切りに、トラブルに見舞われた車両の後退なども合わせ、あっという間に11番手までポジションアップする。さらには、サイド・バイ・サイドによる逆転を見せるなど、力強い走りを見せつけた。そして9位で迎えたファイナルラップ。山本選手はその前から攻防戦を続けていたライバルを最終コーナー立ち上がりで逆転し、8位でチェッカー。伊沢、山本両選手の活躍によって、No.100 RAYBRIG NSX-GTは、貴重なポイントを計上することに成功した。

left right


 富士入りし、突然の不調に苦しんだNo.100 RAYBRIG NSX-GT。だが、チームが一丸となって決勝に向けて講じた策が奏功し、ノーミスは当然のことながら、ハプニング等にも巻き込まれることなく走りきることができた。その結果が8位入賞を導くことになったのは言うまでもない。3週間後には大会が最後となる鈴鹿1000kmが待ち受け、気の許さない状況が続くが、あらためて躍進を目指して邁進する。

◎高橋国光総監督
ここ2戦ほど、ツラい戦いが続きました。なので今回はいい結果を残すことができて良かったと思います。一方で、予選で15番手に留まってしまったのは残念。まだ見直さなければいけないところがあるのだと思います。伊沢選手がスタートし、山本選手がチェッカーを受けるまでの働きを振り返ると、それぞれが自身のカラーを活かした走りを見せてくれたと思います。よく頑張ってくれました。これからのシリーズ戦に向けて、チームに与える相乗効果も大きいかと思います。みなさんには、これからも大いに期待していただきたいですね。


◎山本尚貴選手
予選最後尾になってしまったクルマを見直してくれて、それが決勝では結果的にすごくいい方向に進んでくれました。レース中は、スタートを担当した伊沢選手からもクルマが調子いいという情報を得ていたので、後半に盛り返 せるかなと思っていました。実際、抜けたし、途中、ペースが上がらなかったところもあったのですが、最終ラップの最終コーナー立ち上がりでも逆転して、またもう一台抜くことができました。

一方、今大会で同じホンダ勢の8号車NSXが先に優勝したので、悔しい気持ちはあります。ただ、いい戦いはできたと思うし、しかも不調からの戦いの中で徐々に良くなってきたので、鈴鹿に向けてもいい材料になりました。次の鈴鹿はチャンスがあると思います。最後の1000kmで優勝したいですね。

◎伊沢拓也選手
昨日がもっと前の予選順位だったら、正直、展開が変わったのかもしれませんが、今回はちょっと苦しい中から立ち直り、光が見えたと思います。ちゃんとポイントを獲ることもできたし、ドライバーとしては同じNSX-GT車両で戦う8号車に 先に優勝されて悔しい部分もあるのですが、その悔しさを次につなげないと。一方で、昨日の状況から今日、キチンとレースをして終われたとことは良かったと思います。

ウォームアップでは、昨日のクルマの状態よりずっと良くなっていることがわかりました。セッティングを大きく変えたことでそのアジャストも多少決勝を見据えてできたし、それがレースペースとして良く、順位を上げることにつながりました。山本選手もうまく順位を上げてくれました。
タイヤもピックアップせずに走ることができました。去年のタイ戦以来、久しぶりに普通に走れました。

-->
決勝レース結果

Po No Machine Driver Time/Diff. Laps Best Lap Tire WH
1 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 野尻 智紀 小林 崇志 1:44'39.955 66 1'31.851 BS 20
2 23 NISMO 松田 次生 ロニー・クインタレッリ 1.530 66 1'32.351 MI 52
3 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 立川 祐路 石浦 宏明 2.203 66 1'32.391 BS 60
4 36 LEXUS TEAM au TOM'S 中嶋 一貴 ジェームス・ロシター 13.300 66 1'32.765 BS 72
5 12 TEAM IMPUL 安田 裕信 ヤン・マーデンボロー 14.938 66 1'32.551 BS 14
6 37 LEXUS TEAM KeePer TOM'S 平川 亮 ニック・キャシディ 15.244 66 1'32.539 BS 74
7 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 関口 雄飛 国本 雄資 19.525 66 1'32.481 YH 18
8 100 TEAM KUNIMITSU 山本 尚貴 伊沢 拓也 19.603 66 1'31.883 BS 38
9 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S 大嶋 和也 アンドレア・カルダレッリ 19.666 66 1'32.342 BS 82
10 1 LEXUS TEAM SARD ヘイキ・コバライネン 平手 晃平 22.480 66 1'33.026 BS 70
11 46 MOLA 本山 哲 千代 勝正 58.928 66 1'32.651 MI 46
12 64 NAKAJIMA RACING ベルトラン・バゲット 松浦 孝亮 1'04.652 66 1'33.016 DL 6
13 24 KONDO RACING 佐々木 大樹 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 14Laps 52 1'32.673 YH 6
- 16 TEAM MUGEN 武藤 英紀 中嶋 大祐 21Laps 45 1'32.831 YH 14
- 17 KEIHIN REAL RACING 塚越 広大 小暮 卓史 36Laps 30 1'32.613 BS 36

天候:曇り | コース:ドライ
PAGE TOP
RAYBRIG RaceQueen
メール会員限定コンテンツ