RAYBRIGTEAM KUNIMITSU

RACE 2017 SEASON

  • Preview
  • Result / Report
  • Race Photo
  • Special
ROUND4 SUGO GT 300KM RACE

第4戦 SUGO

公式予選 7月22日(決勝レース 7月23日(
QUALIFYINGRACE
RAYBRIG NSX-GT、予選2位を獲得



 前回の戦いからおよそ2ヶ月のインターバルを挟んだ7月22、23日、宮城・スポーツランドSUGOにおいてSUPER GT第4戦「SUGO GT 300km RACE」が行われ、予選2位からスタートを切ったNo.100 RAYBRIG NSX-GTは、レース序盤にトップを奪取して独走態勢を築いたが、再三にわたるセーフティカーランにより勝機を逸し、9位で戦いを終えている。

 オートポリス戦の後、SUGO、鈴鹿でのSUPER GT公式テストに参加したチームクニミツ。第3戦で掴んだいい流れをこの大会でも活かしたいところ。また、このSUGOを皮切りに始まる「真夏の三連戦」の結果がシリーズ戦のキーポイントとなるだけに、チームとしては着実な戦いを目指すこととなった。 梅雨明けが待たれる東北地方。しかしながらすでに強い陽射しが照りつけた予選日のSUGO。湿気も高く、厳しい暑さとの戦いが朝から始まった。練習走行でNo.100 RAYBRIG NSX-GTはセットの確認や予選に向けてのタイヤ選択に取り組んだ。セッション中、2度にわたる赤旗中断があったが、序盤から上位につけていたNo.100 RAYBRIG NSX-GTは、最終的に伊沢拓也選手が1分12秒796のタイムを刻み、8番手で走行を終了した。

left right


 午前の照り返しもどこへやら、午後に向けて急激に灰色の雲がサーキット上空を包み込む。公式練習には気温30度超、路面温度は42、43度あったコンディションも気温28度、路面温度36度まで下がり、ひと足先にアタックが始まったGT300クラスはウエット宣言下での走行となった。

Q1におけるNo.100 RAYBRIG NSX-GTのアタッカーは、伊沢選手。GT500クラスの全15台はセッションが始まってもピットで待機、幸い薄曇りながら降雨の可能性も少ないからか、どのチームもワンチャンスのアタックに賭けたようだ。結果、残り8分を切って続々とコースインが始まり、伊沢選手は最後にピットを離れ、アタック開始。1分11秒869の好タイムで5番手につけ、Q2進出に成功した。

Q2アタックに駒を進めたNo.100 RAYBRIG NSX-GT。担当する山本尚貴選手を含め、全8台がやはりピットでしばし待機していたが、残り7分の時点でアタック合戦が幕を開けた。事前にQ1での状況、 クルマのコンディションをインプット、さらに伊沢選手からの得たインフォメーションをもとに、タイミングを上手く合わせた山本選手は1分11秒469をマーク、2番手でアタックを終えた。

前回のオートポリス戦、そして今回のSUGOと速さをアピールしたNo.100 RAYBRIG NSX-GT。実のところ、テストではピット作業が予定以上に長引くこともあり、存分な走り込みができていなかったが、予選で伊沢、山本両選手が持ちうる力を存分に引き出したパフォーマンスを披露したことで、チームの士気も一層上昇することとなった。

left right


予選後、伊沢選手は「テストで走り込めず、調子に対して不安があったので、正直ここまでよくなるとは思っていませんでした。でも今日の走り出しからクルマはちゃんと調子が戻っていたし、セットアップもうまく進み、Q1、Q2でいい予選ができたと思います。明日は天候含め、いろいろ難しいレースになるでしょうが、最後まできちんと走ればいい結果が待っていると思うし、気持ちとしてもホッとしています」と安堵しつつ、オートポリスでやり残したミッションに向けて、その実現のために気を引き締めていた。また、Q2で好走を見せた山本選手も、伊沢選手同様に、テストでのトラブルが気になっていた様子。

 だが、「SUGOでは(トラブルが)解消されていて安心できたし、テンポよくセットアップ作業を進めることができました」といい流れの中で予選を進めることができたとした。また、結果に対しては「正直2番手まで行けると思わなかったので、嬉しかった」と笑顔を見せる一方、オートポリスで逃した勝利に対し、「予選2番手を獲得したことで、今回勝ちたい気持ちが改めて強くなりました」とリベンジを誓った。気になる天候に関しては「天候を見ると、前方からスタートできるのはかなり有利だと思うので、その有利性を活かしたい」と奮闘を誓った。





公式予選結果

Po No Machine Driver Q1 Q2 Tire WH
1 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 野尻 智紀 小林 崇志 1'11.579 1'10.915 BS 6
2 100 TEAM KUNIMITSU 山本 尚貴 伊沢 拓也 1'11.869 1'11.469 BS 34
3 17 KEIHIN REAL RACING 塚越 広大 小暮 卓史 1'11.761 1'11.491 BS 36
4 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 関口 雄飛 国本 雄資 1'11.597 1'11.669 YH 18
5 16 TEAM MUGEN 武藤 英紀 中嶋 大祐 1'11.699 1'11.739 YH 4
6 24 KONDO RACING 佐々木 大樹 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 1'12.136 1'11.745 YH 6
7 1 LEXUS TEAM SARD ヘイキ・コバライネン 平手 晃平 1'12.024 1'11.803 BS 30
8 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S 大嶋 和也 アンドレア・カルダレッリ 1'12.163 1'12.163 BS 60
9 12 TEAM IMPUL 安田 裕信 ヤン・マーデンボロー 1'12.201   BS 14
10 64 NAKAJIMA RACING ベルトラン・バゲット 松浦 孝亮 1'12.269   DL  
11 37 LEXUS TEAM KeePer TOM'S 平川 亮 ニック・キャシディ 1'12.306   BS 72
12 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 立川 祐路 石浦 宏明 1'12.365   BS 60
13 36 LEXUS TEAM au TOM'S 中嶋 一貴 ジェームス・ロシター 1'12.430   BS 64
14 23 NISMO 松田 次生 ロニー・クインタレッリ 1'12.436   MI 36
15 46 MOLA 本山 哲 千代 勝正 1'12.595   MI 16

天候:曇/ドライ(天候/コース)
PAGE TOP
RAYBRIG RaceQueen
メール会員限定コンテンツ