RAYBRIGTEAM KUNIMITSU

RACE 2017 SEASON

  • Preview
  • Result / Report
  • Race Photo
  • Special
ROUND2 FUJI GT 500KM RACE

第2戦 富士スピードウェイ

公式予選 5月3日(決勝レース 5月4日(
QUALIFYINGRACE
RAYBRIG NSX-GT、9位から長丁場の戦いに挑む!



 5月3、4日、「FUJI GT500km Race」が静岡県・富士スピードウェイにおいて行われた。ゴールデンウィーク中の一戦とあって、5万8千人という多くの観客が来場した。

開幕戦は、決勝レース序盤の時点で車両トラブルに見舞われ、戦列を去るというまさかの出来事に遭遇したチームクニミツ。厳しい結果を受け入れた後、4月中旬には大分・オートポリスでのタイヤメーカーテストに参加することで気持ちを切り替え、併せて富士戦の準備を粛々と進めてきた。

高速サーキットで知られる第2戦の舞台となる富士では、なんとしても結果を残したい…。そのためにはひとつひとつのステップを着実に進んでいくことが重要と、自分たちが置かれた状況をしっかりと把握しながらセッションに挑んだ。まず、朝の公式練習で持ち込みの富士仕様のセッティングや選択したタイヤの状況を確認。気温14度、路面温度21度でスタートしたセッションは、強い陽射しが出て急激に数値が上がる一方、冷たい風が吹き付けるなどなかなか難しいコンディションだったが、その中で山本尚貴選手が少しずつタイムを削り、予選に向けての準備を順調に進めていった。


left right


セッション開始から1時間少しが過ぎたころ、GT300車両がメインストレートでタイヤをバーストさせ、ピットロード出口先のガードレールに激しくヒット。セッションは赤旗中断となり、車両回収などの作業でおよそ15分走行時間が削られる。結果、GT300クラスとの混走セッションがこのまま終了し、残念ながら伊沢拓也選手の走行も予定より大幅に少ない5周ほどに留まった。その後、GT500専有走行になってから山本選手がチームのベストタイムを更新。1分29秒537をマーク、No.100 RAYBRIG NSX-GTは5番手につけることとなった。




 午後3時にスタートしたノックアウト予選Q1。気温18度、路面温度27度という公式練習終了間際とほぼ似通ったコンデイション下でアタックが始まった。当初の想定よりも気温が低く、タイヤの発熱に時間を要するという考えからか、全15台の車両が通常より早めのタイミングでコースイン。タイヤに熱を入れる一方で、他車とタイミングがかち合わないようアタックラップに向けて間合いを取りはじめた。ライバルたちが徐々に計測を開始する中、No.100 RAYBRIG NSX-GTのアタッカー、山本選手は少し遅めにアプローチを開始。

まずは1分28秒842のタイムで暫定5番手に躍り出た。するとひと足早くアタックに入っていたライバル勢が続々とタイムを更新、ポジションが大きく動き始める。山本選手も負けじとタイムアップを果たし、1分28秒674まで縮めるパフォーマンスを見せた。

だが、最後のアタックで伸び代を広げた車両が多く、No.100 RAYBRIG NSX-GTは9番手でQ1を終了。Q2進出可能な8番手の差は、なんとわずか0.023秒。大変惜しい結果で予選セッションを終了している。アタックを終えた山本選手。「朝の公式練習でまずまずの手応えがあり、予選に向けてセッティングをアジャストする程度でした。また、アタック自体もこれといった大きなミスがあったわけでもなく、うまく行ったと思います。しかしながら、Q2進出にはあともうちょっとが届きませんでした」と、開幕戦に続き、Q1通過が果たせなかった悔しさをにじませた。「伊沢選手にQ2のバトンを繋げられなかったという申し訳ない気持ちもあるので、決勝では、レースができなかった開幕戦の分も含め、頑張って追い上げる走りをして最後までちゃんと戦い、ポジションを上げたい」とやる気をのぞかせた。


left right


一方、この日、存分な走行ができずに終わった伊沢選手は「今のクルマの状況を考慮しても、その中でベストを尽くしてくれたと思っています」と予選を振り返った。また自身の走行については、「朝のセッションは赤旗が出たタイミングの影響もあるのですが、あまり乗る時間を確保することができませんでした。開幕戦でレースができていない分、明日の展開もまだわからない部分がありますが、まずはちゃんと走り切って、次につながる戦いができればいいと思っています」と意欲を見せた。






公式予選結果

Po No Machine Driver Q1 Q2 Tire WH
1 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 立川 祐路 石浦 宏明 1'28.089 1'27.825 BS 16
2 23 NISMO 松田 次生 ロニー・クインタレッリ 1'28.651 1'28.168 MI 8
3 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S 大嶋 和也 アンドレア・カルダレッリ 1'28.241 1'28.217 BS 30
4 36 LEXUS TEAM au TOM'S 伊藤 大輔 ジェームス・ロシター 1'28.056 1'28.222 BS 12
5 1 LEXUS TEAM SARD ヘイキ・コバライネン 平手 晃平 1'28.485 1'28.260 BS 22
6 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 関口 雄飛 山下 健太 1'28.474 1'28.537 YH 10
7 37 LEXUS TEAM KeePer TOM'S 平川 亮 ニック・キャシディ 1'28.582 1'28.688 BS 40
8 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 野尻 智紀 小林 崇志 1'28.480 1'29.088 BS 2
9 100 TEAM KUNIMITSU 山本 尚貴 伊沢 拓也 1'28.674   BS  
10 17 KEIHIN REAL RACING 塚越 広大 小暮 卓史 1'28.823   BS  
11 46 MOLA 本山 哲 千代 勝正 1'28.836   MI  
12 12 TEAM IMPUL 安田 裕信 ヤン・マーデンボロー 1'28.883   BS 6
13 16 TEAM MUGEN 武藤 英紀 中嶋 大祐 1'29.281   YH 4
14 24 KONDO RACING 佐々木 大樹 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 1'29.458   YH 2
15 64 NAKAJIMA RACING ベルトラン・バゲット 松浦 孝亮 1'29.880   DL  

天候:曇/ドライ(天候/コース)
PAGE TOP
RAYBRIG ドローン新発売!!
RAYBRIG RaceQueen
メール会員限定コンテンツ