RAYBRIGTEAM KUNIMITSU

Archive

  • Review / Ranking

2015 SUPER GT

2015 SUPER GT

2012年以来のコンビ復活でランキング3位&Honda最上位獲得

 ドイツツーリングカー選手権(DTM)と車両規定を統一して2年目のシーズンを迎えた2015年のSUPER GT。Hondaは、前年に引き続きNSX CONCEPTをベースとした、NSX CONCEPT-GTを5台投入。2015年シーズンを迎えるにあたっては、ミッドシップ+ハイブリッドというレイアウトはそのままに、軽量化や低重心化、空力の改善などの改良が施されたほか、エンジンもさらなるパフォーマンスアップが図られた。

 チームクニミツは、ドライバー体制を2014年から一新。3年ぶりに山本尚貴がチームに復帰したほか、2014年はGP2シリーズに参戦していた伊沢拓也が再度チームに加入した。

 2012年以来のコンビで迎えた4月の開幕戦岡山。予選は9番手となったRAYBRIGNSX CONCEPT-GTだが、決勝は雨絡みの展開の中で順位を上げていき、レース中盤には首位に浮上。終盤は天候の急変で、コンディションにマッチしたライバルの先行を許すも、その後はポジションを譲らずに2位表彰台を獲得。幸先の良いシーズンスタートを切った。

 しかしその後、チームは試練の時期を迎えることとなる。5月の第2戦富士では、予選日のフリー走行でエンジンにトラブルが発生。エンジン交換を断行するも、翌日の決勝でもトラブルに見舞われ、わずか29周でレースを終えることとなってしまった。さらに受難は続く。雪辱を期した6月の第3戦タイでは、スタート直後の4周目にトラブルが発生してスピン。レース続行を断念し、無念の2戦連続リタイアとなった。

 しかし、下り坂が終わってしまえばあとは上っていくだけ。真夏の第4戦富士では7番手からスタートすると、最後まで堅実な走りを見せて5位フィニッシュ。
第5戦鈴鹿1000kmでも、長丁場を戦い抜き2戦連続の5位を確保し、シーズン後半に向けて着実にポイントを積み重ねていった。

 そして迎えた9月のスポーツランドSUGO戦で、チームはひとつの到達点に至る。まず予選では、シーズンベストとなる2番グリッドを獲得。決勝でも、中盤まで2番手をキープしていく。ライバル陣営ではクラッシュが発生するなどSUGOらしい荒れた展開となったものの、セーフティカーの導入でRAYBRIG NSXCONCEPT-GTと首位との差は帳消しとなった。その後、リスタートとともにトップを窺い続けると、36周目の最終コーナーで首位の車両が挙動を乱した隙を見逃さず、メインストレートでトップを奪取! 最後までポジションをキープし、2013年開幕戦以来の優勝を飾った。「息子のよう」だという山本と伊沢のコンビが挙げた初優勝に、高橋国光総監督の瞳も涙に濡れ、サーキットは感動的な雰囲気となった。

 続く第7戦オートポリスではウエイトハンデによって厳しい戦いを強いられ11位となるも、この時点でのシリーズランキングは5位と、チャンピオンの可能性を残して最終戦もてぎに臨むこととなった。

 最終戦の予選でも3番グリッドと好位置を確保すると、ポジションキープでレースを展開。終盤は上位4台が入り乱れての大混戦となるが、RAYBRIG NSXCONCEPT-GTは3位でフィニッシュ。シーズン3度目の表彰台を獲得することとなった。

 この結果、ドライバーランキング/チームランキングともに昨年を上回る3位を獲得し、Honda最上位でシーズンを終えたチームクニミツ。Hondaのエースチームとして、この流れを途絶えさせることなく、2016年はさらなる飛躍を目指す。

RESULT / REPORT
GT500 TEAM RANKING
Po No Driver Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Total Behind WH
1 1 NISMO 1 23 9 11 7 8 23 18 100 -
2 12 TEAM IMPUL 7 18 11 14 16 1 18 11 96 -4
3 100 TEAM KUNIMITSU
18 9 10 23 2 14 76 -24
4 37 LEXUS TEAM KeePer TOM'S 23 7 8 3 5 4 2 23 75 -25
5 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 14 18 21 2 11 9 75 -25
6 46 MOLA 5 2 23 2 8 18 8 66 -34
7 36 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S 1 14 6 7 28 1 9 66 -34
8 17 KEIHIN REAL RACING 1 11 14 6 6 14 6 58 -42
9 6 LEXUS TEAM LeMans ENEOS 4 3 18 2 11 6 5 49 -51
10 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 3 6 5 4 13 9 4 3 47 -53
11 15 Drago Modulo Honda Racing 8 5 3 8 1 7 7 7 46 -54
12 24 KONDO RACING 1 1 23 1 14 1 2 43 -57
13 39 LEXUS TEAM SARD 9 8 7 5 1 2 8 40 -60
14 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 11 1 3 1 1 2 19 -81
15 64 NAKAJIMA RACING 1 1 3 4 3 1 13 -87
GT500 DRIVER RANKING
Po No Driver Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd8 Total Behind WH
1 1 松田 次生 R.クインタレッリ 20 6 8 5 5 20 15 79 -
2 12 安田 裕信 J-P.オリベイラ 4 15 8 11 13 15 8 74 -5
3 100
山本 尚貴
伊沢 拓也 15 6 8 20 11 60 -19
4 38 立川 祐路 石浦 宏明 11 15 18 1 8 6 59 -20
5 37 A.カルダレッリ 平川 亮 20 5 5 4 2 20 56 -23
6 46 本山 哲 柳田 真孝 3 1 20 6 15 5 50 -29
7 36 伊藤 大輔 J.ロシター 11 3 4 25 6 49 -30
8 17 塚越 広大 武藤 英紀 8 11 3 3 11 3 39 -40
9 6 大嶋 和也 国本 雄資 2 2 15 8 3 2 32 -47
10 24 佐々木 大樹 M.クルム 20 11 31 -48
11 19 脇阪 寿一 関口 雄飛 1 4 2 1 10 6 2 1 27 -52
12 15 小暮 卓史 O・ターベイ 5 3 1 5 4 4 4 26 -53
13 39 平手 晃平 H・コバライネン 6 6 4 2 5 23 -56
14 8 松浦 孝亮 野尻 智紀 8 2 10 -69
15 64 中嶋 大祐 B・バゲット 3 1 4 -75
PAGE TOP
RAYBRIG RaceQueen
メール会員限定コンテンツ